グリーンキュービック

クロレラ入り乳酸菌飲料のグリーンキュービック

0120-59-0496


知る・楽しむ


乳酸菌飲料のできるまで

  1. 前処理
  2. クロレラ、水溶性食物繊維などの原料を計量し、グリーンキュービックのもとになるものを調整して殺菌します。

    細かい値まできちんと計測することで、一定の品質を保っています。

    前処理
  3. 仕込み
  4. 大きなタンクに殺菌水、前処理で調整した原材料、乳酸菌を入れてよく混ぜ合わせます。

    このタンクは最大19,000本のグリーンキュービックを貯蔵することができます。

    仕込み
  5. 洗瓶
  6. 販売店から返ってきた汚れた瓶を、大きな洗瓶機で洗います。瓶は60℃のアルカリ洗剤に浸けられるなど、何工程ものステップを得て、時間をかけて丁寧に洗われていきます。

    洗瓶機内で次亜塩素酸による殺菌も同時におこなわれ、瓶は殺菌された状態で出て来ます。

    洗瓶
  7. 検瓶作業
  8. きれいになったガラス瓶に光を当て、割れやヒビ、汚れなどがないか、2人がかりで1本ずつ目で見て確認していきます。

    検瓶作業
  9. 瓶詰め
  10. ガラス瓶に充填します。充填後すぐにキャップがはめられます。

    充填機と打栓機がくっついてあるのは、充填した飲料が外気に触れる時間を短くするためです。

    瓶詰め
  11. 日付の刻印
  12. キャップに賞味期限の刻印をします。

  13. 完成
  14. 瓶の口の部分にフィルムが巻かれ、製品が完成します。完成した製品は箱詰めした後、冷蔵庫に入れられ、出荷の時を待ちます。

    完成


Copyright 2005 Green Cubic INC. All Rights Reserved.